モリエール『ゴリ押し結婚』稽古中


衆院選も近いというのに、演劇の話ばかり書いていてすみません。ちなみに、衆院選後の民主党政権は、細川連立政権の二の舞になるんじゃないかと予想しているんですが、人の記憶もなんとやらで、もう細川内閣や羽田内閣なんて誰も覚えてないでしょう。でも、あのときも今回も、主役は小沢さんなんだよねえ。

って、そういう話はまた書く余裕があれば書きますけど、それはさておき。モリエール『ゴリ押し結婚』を、静岡県袋井市・月見の里学遊館で稽古中です。出演者は静岡県民の皆さんです。大岡の得意とする市民参加劇であります。

今回、ブレヒト『例外と原則』のときと全く同じ方法論を採用しています。演出のしかけは全く同一です。それに、過日のワークショップで試したエクササイズをさっそく取り入れ、素敵な大人たち若者たちと一緒に、初の喜劇に挑戦しております。ただ喜劇と言っても、お客さんを本当に笑わせるのは大変なことなので、今回は笑いという道具立てはあまり意識せず、とにかくテンポのよい芝居にすればいいんじゃないかと考えておりますが。

もっとも、喜劇を演出していてひとつ気がつくことがあって、それは、自分でルールやリミットを設定しつつも、それをいかにして自分で逸脱し突破していくか、という工夫が要るということですな。自分で作った枠に安住しちゃう人には、喜劇はできないですね。

本番は10月4日(日)、会場は月見の里学遊館うさぎホールです。お時間のある方はぜひ観に来て下さい。