無人劇場 旗揚げ公演『奴隷入門』


doreinyumon_-1

doreinyumon_-2

「社畜」であることに安住せず、自分なりの生きがいを持ち、充実した日々を過ごす者こそ、実は現代の「奴隷」である――。典型的な現代人である4人の男女を取り上げ、彼らがいかにして「奴隷」と化したかを、演劇という形式で検証する、恐怖のセミナーへようこそ! 静岡を拠点として全国各地で活躍する演出家・劇作家の大岡淳が、商品劇場、普通劇場に続いて、東京再進出を狙って結成した劇団・無人劇場の旗揚げ公演は、ひとつも啓発されたくないアナタのための、ブラック・エンタテインメント!!

作・演出:大岡淳
音楽:渡部寿珠
舞台監督:加古貴之
宣伝美術:川邉雄

出演:小野良太 佐藤萌子 芝田遼 平井光子
演奏:渡部寿珠(フルート) 細川慎二(サックス)

■日時
2016年
9月29日(木)19:30
9月30日(金)14:30/19:30
10月 1日(土)13:30/17:30
*上演時間は約80分を予定しております。
*受付開始・開場は、開演の30分前です。

■終演後トークセッション(約30分)
9月29日(木)19:30 オバタカズユキ(フリーライター/編集者)
9月30日(金)14:30 佐々木治己(劇作家)
9月30日(金)19:30 藤田直哉(SF・文芸評論家)
10月 1日(土)13:30 菅原秀宣(株式会社ゼロメガ代表取締役)
10月 1日(土)17:30 加藤一郎(コンセプター/プロデューサー/有限会社イー・グルーヴ代表取締役)

■会場:両国門天ホール
〒130-0026 東京都墨田区両国1-3-9
ムラサワビル1-1階(JR両国駅より徒歩10分)
Tel&Fax:03-6666-9491

地図

■料金:2,500円(前売・当日共)

■チケット予約
オンラインのチケット予約フォーム、またはメール・お電話にてご予約を承ります。
*URL:http://goo.gl/EK3F9N
*Mail:nohumantheater@gmail.com
*Tel:090-9907-9699
メールでのご予約の際は、件名を「チケット予約」とし、本文に「お名前/フリガナ/観劇日時/ご予約枚数/ご連絡先(メールアドレス・お電話番号)」をご記入の上、上記のアドレスまでご送信ください。こちらからの返信をもちましてご予約が完了いたします。
※3日以内に返信のない場合には、予約ができていない可能性がございます。お手数ですが、お電話にて直接お問い合わせ下さい。

■終演後トークゲストについて
○9月29日(木)19:30
オバタカズユキ(フリーライター/編集者)
さきごろ出版され話題を呼んでいる、伊藤祐靖『国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動』(文春新書)の仕掛人。現場のリアリズムに立脚した「仕事の思想」を追い続けてきた方だと言っていいでしょう。

○9月30日(金)14:30
佐々木治己(劇作家)
「等身大の風景」しか描けなくなった日本演劇界において、人々の共感を拒絶するモノを描きうる、ただひとりの「鬼才」として、大岡が畏れを抱く同業者であります。戯曲集『お前は俺を殺した』(共和国)を上梓されました。

○9月30日(金)19:30
藤田直哉(SF・文芸評論家)
小説、映画、アニメ、ゲーム、アート等々、幅広い分野を批評する思想界のホープ。「アートで町おこし」という潮流の現実を暴いた編著『地域アート――美学/制度/日本』(堀之内出版)が話題です。

○10月 1日(土)13:30
菅原秀宣(株式会社ゼロメガ代表取締役)
思想界のフィクサーとも噂される(?!)、校正業界の風雲児。傲慢な知性主義も、狭隘な反知性主義も共々退け、「大衆のひとりとして知的であること」を徹底する構えに共感し、大岡が尊敬申し上げている方です。

○10月 1日(土)17:30
加藤一郎(コンセプター/プロデューサー/有限会社イー・グルーヴ代表取締役)
志ある起業家たちを数々ブレイクさせてきた、ブランディングのプロ。共著『ザ・スタート』(フォレスト出版)を上梓されました。実を言うと、小学生の頃、マンガ同人誌を一緒に作った仲間なのであります。

■問い合わせ
*Mail:ookajun@gmail.com(大岡淳)
*Tel:080-1050-7233