どうもすみません。


PCに向かう暇すらない日々を過ごしております。桐朋短大で試演会の演出を引き受けることになり、連日の稽古で時間が取れません。週10コマをこなすだけで、私のキャパシティはいっぱいだというのに、並行して芝居の稽古。「忙しい」という台詞だけは吐きたくないのですが……。本番は12月11日・12日、場所は桐朋短大の劇場、演目は故・八木柊一郎氏の初期の傑作「コンベヤーは止まらない」です。無料ですのでどうぞいらして下さい。

ところで昨晩は、あの!若松孝二監督とお酒を飲む機会を得ました。人間としてのスケールの大きさに圧倒されてしまいました。最近、自分が、取るに足らぬ未熟者に過ぎないと痛感することが多いのですが、今日もそうでした。しかし、監督の大らかさには、人を元気にさせるものがあると感じました。「17歳の風景」の公開が待ち遠しいです。