森本薫『女の一生』

大学の講義の準備で、森本薫『女の一生』を読んだ。これは、毎度の直感的な発想でいえば、イプセン『人形の家』の続編ではないだろうか。『人形の家』のノラが、自我に目覚め「家」という軛から逃れたのに対し、『... Read More